婚活パーティーでのペアリングの意義と成功のコツ

婚活パーティーで出会った相手と結婚を目指すには、ペアリングが役立ちます。別名ではカップリングとも呼ばれており、お互いに意識しあう男女の仲を接近させてくれるため、今後のお付き合いにも期待度は高めです。今回は、そんなペアリングのやり方や、成功のためのポイントをまとめていきましょう。

特に成功のコツは知らないと損ですので、ぜひチェックして下さい。

関連記事:公務員限定の婚活パーティーの魅力とは

ペアリングってどんなことをするの?

婚活パーティーにおいてペアリングは、トークの後にイベント形式で行うのが一般的です。フリートークで異性と仲良くなれれば良いのですが、これがうまく行かないケースは珍しくはありません。話す相手も初対面ですから、無理に喋り倒すとひかれてしまう可能性もあるでしょう。

結果的にお互いに遠慮してしまったり、盛り上がるまでに時間が足りず、フリートークが低調のうちに終わることも多くなっています。そこで、フリートークの後で起死回生のチャンスと言いますか、気になった相手を指名できるペアリングイベントが用意されているわけです。

ペアリングは、第一候補から第三候補までをカードに記入して行うのが一般的。全員のカードを突き合わせて、お互いにカップルを希望していた男女があれば、晴れてペアリングが成立する仕組みです。お互いが意識しているわけですから、ペアリングが成功した場合には、今後の展開には期待が大きいです。

このチャンスをものにするために前向きに努力していきましょう。

なお、ペアリングが成立しなかった場合も、別の形で出会いを用意しているパーティーもありますので、こだわる必要はありません。

ペアリングを成功させるために前日までにやること

ペアリングを成功させるのに重要な、パーティー前日までの準備事項を考えます。特に事前にやっておきたいのが、ファッションの確認と身だしなみのお手入れです。人は見かけではないと言いますが、これは建前。特に婚活パーティーは初対面の相手と接しますので、第一印象が重要です。

ある程度の清潔感がないと、恋愛対象としては見てもらえません。まずは、髪のお手入れをして、服装も汚れたりボロボロになってないかチェックしておきましょう。服装は、女性は清楚系、男性は紳士的なものを用意するのが定番です。

次に、パーティー会場付近をリサーチしておきましょう。なぜなら、ペアリングが成立した後は、その当日のうちにデートを行うのがセオリーだからです。当然、ペアリング後の最初のデートで失敗すれば、次はないと考えて差し支えありません。

このために、会場周辺の事情を知っておくと安心なのです。計画を練っておく必要はありませんが、一応下調べして、お洒落な店舗が多いエリアを把握しておくと良いでしょう。

関連記事:平日の婚活パーティーの特徴とは?メリットやデメリット、服装について解説

ペアリングを成功させるために当日にやること

婚活パーティーの当日は、できるだけ多くの人に話しかけていくことが大切です。消極的になって黙っていると、異性にとっては印象が薄い存在になります。印象に残らないと、フリートークはもちろん、ペアリングでも不利です。

ペアリングでは、好感触だった相手を指名することが多くなります。この時、どんな相手なら好感触だと思うか考えてみましょう。特に、自分に興味を持って話しかけてくれた異性には、可能性を感じるのではないでしょうか。

これは相手も同じで、あなたに話しかけてもらった相手は、自分に興味・関心があると考えてくれるわけです。また、ライバルが多い相手は、あえて選ばないのも一手。なぜなら、モテる人間が良い結婚相手になるとは限らないためです。

高学歴・高収入で見た目も美形となると、異性に対する条件も厳しくなりがち。付き合ったとしても、気軽な話ができなかったり、色々制約が厳しいかもしれません。どちらかと言うと話がしやすく、自分を大切にしてくれる相手を重視するのも悪くないものです。

特に結婚した後は、一緒にいて気苦労が続いたり、気軽に相談できないことが多いと、生活に疲れてしまいます。

ペアリングが成功した後に要チェック

晴れてペアリングが成功したら、さっそく、今後の関係を発展させるために努力していきましょう。よく勘違いされるのですが、ペアリング・カップリングと言っても、恋人関係が成立したわけではありません。今後、正式なお付き合いになるかどうかは、本人たち次第となります。

そのため、ペアリング成功の直後から、アプローチしていくことが大切です。特に結果発表の後は、できるだけ話をする機会を設けましょう。ペアリングが決まったのに何もアクションを起こさないと、相手は「本当は興味ないのかな」と感じて、関係が終わってしまいかねません。

ペアリングが成立した後は、当日デートに誘うのもセオリーの一つです。

次の機会と考えているうちに、相手が別のパートナーを見つけたり、興味を失ってしまう可能性もあります。相手も婚活中ですから、パートナー探しには積極的になっているのです。それに、まだ関係性も深まっていないため、一度家に帰すと気分がリセットされてしまい、連絡が途絶える可能性もあります。

このため、婚活パーティーのその日のうちに、軽いデートをしておくわけです。そこで相性が良ければ関係も深まりますから、次に、本格的なデートに繋げられる可能性は高まります。

当日デートのおすすめスポット

ペアリング成功後のデートは短時間で、あまり疲れないものが好ましいです。婚活パーティーに参加すると、多くの人たちと話しますし、ドキドキする催し物があったりして、疲れている可能性があります。自身は大丈夫でも、相手もそうとは限りません。

そこで軽めのデートに使いやすい、喫茶店が選択肢となります。そこで色々話をしてみて、次回のデートの約束を取り付けるのも良いでしょう。もちろん、お互いにまだまだ元気なら、食事などに誘うのも一手です。なお、当日デートを行って相手の趣味や嗜好を把握しておくと、次の時に活かせます。

デートスポットも選びやすいですし、食事や休憩をするにしても、好みがわかる方が有利です。また、ちょっとしたプレゼントを用意しておきたい時にも、役立ちます。

まずは積極的に参加してみよう

ペアリングの意義と、成功のコツなどを見てきました。実際に、この方法で恋人関係になった方は少なくないので、ぜひ、前向きに考えていきましょう。ペアリングのあるパーティーに参加したら、この記事を参考にして、思い切ってアタックしてみて下さい。

なお、現在の婚活パーティーには、他にも色々な出会いの方法があります。トークが苦手でも、メールなどでアプローチできるタイプもあるため、確認してみてはいかがでしょうか。