婚活パーティーは一人参加がおすすめ

誰でも気軽に参加できるとあって、婚活パーティーの人気は高いです。一人で行くのは気が引けるという人でも、友達と誘い合って一緒に参加できるという点はメリットの一つです。ただし本気で結婚相手を探したいと考えるなら、一人参加の方がチャンスは増えるかもしれません。

この記事では一人参加の方が成功しやすい理由について、また上手な婚活パーティーの活用法について紹介していきます。

関連記事:公務員限定の婚活パーティーの魅力とは

友達に気兼ねする必要がない

友達と一緒に婚活パーティーに参加すると、何かと心強く感じられるものです。気になった人がいる時は、第三者の目から見てどのように感じるか冷静に判断して貰えたり、一緒に相手の元へ行って話しかけるチャンスを作ってくれる事もあります。

話す相手がおらず、手持無沙汰になっている時も友達がいれば寂しい思いをする必要もありません。ただし、友達の存在が全て良い方向へと作用するとは限らないのです。例えば自分が好意を寄せている相手について相談した時、友達に全否定されると積極的にアプローチしにくくなります。

また友達と同じ相手に好意を持った時は、たちまちライバル関係になってしまいます。お互いに同じ結果になるならまだしも、友達が相手とカップルになる、または自分が相手とカップルになった場合は、心の底から喜べません。

さらに友達の気持ちを知って、自分の思いに蓋をする人もいます。せっかく気になる相手がいるのに、友達に遠慮していては何のために婚活パーティーに参加したのかわかりません。その点、一人参加であれば誰に遠慮する必要もなく、自分が気になった相手に堂々とアプローチ出来ます。

一人の方がアプローチを受けやすい

婚活パーティーでよく見かけるのが、友達と話し込んでいる参加者の姿です。情報交換も必要かもしれませんが、話しかけたいと思っている人にとってはアプローチしにくい状況となります。

大事な話をしている途中で遮っては申し訳ない、また話しかけた時に友達から品定めをするように見られるのも嫌と感じる人は少なくありません。つまり常に友達と一緒に行動しているのは、自らチャンスを減らしている可能性もあります。

一方、一人参加の人は比較的声をかけられやすくなります。もちろん仏頂面で自分に話しかけるなといったオーラを出している人は論外ですが、友達との会話に割って入る手間も無くなるため、相手からすると喋りやすくなるのです。

また婚活パーティーはお互いに何も知らない者同士が集まるパーティーであり、1対1での会話の方が相手をより良く知る事が出来ます。

相手に真剣さが伝わる

友達同士で参加し、ずっと仲間内で話をしている様子は、周りから見ると「本当にお相手探しに来ているのか?」と疑問に思われます。実際、婚活パーティーに参加したものの、お目当ての相手が見つからず、友達同士の会話に花を咲かせている人もたくさん見受けられます。

そもそも人によって婚活に対しての思い入れは違いますが、「今日こそは相手を見つけたい」と意気込んでいる人にとっては、まともに異性と話をせず、友達同士で固まっている人に良い感情は湧きません。よほど慣れている人ならともかく、婚活パーティーに参加するのは多少の緊張を伴います。

それでも結婚相手を見つけたいと思うからこそ、勇気を振り絞って参加している訳です。一人参加の人は同じく一人参加している人の気持ちもわかるため、婚活に対しての真剣さも伝わります。もちろん友達と一緒に参加している人も本気で結婚相手を探している人がほとんどですが、友達がいる安心感から緊張もほぐれ、人から見ると真剣さが薄れてしまうのかもしれません。

普段とは違う自分を演出できる

自分の事を全く知らない人達の中から相手を探せるという点が、婚活パーティーの良さでもあります。例えば普段は異性と話すのが苦手な人も、婚活パーティーでは本来の自分を隠し、積極的に話しかけてアピールしていく人もいます。

女性であれば、少しでも自分を綺麗に見せるために、いつもよりメイクや服装に気合を入れる人も少なくありません。婚活パーティーで出会う人は学校や会社のように毎日会える訳ではないため、出来る範囲で自分の魅力をアピールしていくのは当然の事なのです。

しかし友達と一緒に参加していると、普段と違う自分を演出するのは恥ずかしいと感じるかもしれません。「婚活にガツガツしている」と思われたくなく、思う存分にアピール出来ないと後になって後悔する可能性も出てきます。

気になる相手がいた時、相手の好みに合うように自分を変えていくのも一つの方法であり、人の目を気にしていてはせっかくのチャンスも易々と逃してしまう事になります。いつもの自分とは違う自分を演じて婚活に励みたいと思うなら、一人参加の方が断然気楽に臨めます。

関連記事:平日の婚活パーティーの特徴とは?メリットやデメリット、服装について解説

自分の行動に責任を持てる

友達に誘われたからパーティーに参加した、友達に反対されたから意中の相手を諦めた、友達と気になる相手が一緒だったから諦めたなど、婚活パーティーに参加した理由やカップルになれなかった原因を友達に押し付ける人がいますが、いつまでも人任せにしている状態では進歩しません。

もし友達と一緒に参加したために何かしら後悔する事があった人は、悔いが残らないよう一人で参加するようにした方が賢明です。自分が行きたいと感じる婚活パーティーを探し、お付き合いしたいと感じた相手に気持ちをぶつけられたら、例えカップルになれずとも後で後悔する事はありません。

全て自分の思いのまま行動した結果なので、相手とカップルになれなかった理由は何だったのかを冷静に分析出来ます。自分の悪い部分が判明し、次の回では改めるように努力していくと、その努力が結果に結びついていくかもしれません。

慣れてきたら一人参加へシフトすべし

婚活パーティーは一人参加の方が出会いのチャンスは多くなります。

とはいえ、初めて婚活パーティーに参加する人にとっては敷居が高く感じられるものです。婚活パーティーに興味はあるものの一人では勇気が出ないという人は、最初は友達と誘い合って参加しても良いかもしれません。

会場や参加者の雰囲気、パーティーの流れなどをひと通り把握できると次第に慣れていき、一人参加の不安も無くなっていきます。また一人参加限定のパーティーを探してみるのも一つの方法です。参加者全員が一人で参加している訳ですから、自分だけが知り合いがいないと不安に感じる心配もいりません。

皆が同じ条件であれば不思議と安心感が持て、リラックスして婚活にも励めるようになります。

関連記事:婚活パーティーに参加する人に伝えたい情報

少しの勇気が婚活成功の秘訣

一人で婚活パーティーに参加するのは最初は勇気がいる事です。ただ何度か参加していくと、次第に雰囲気にも慣れていきます。一人参加であれば友達に気兼ねする必要がなく、異性から話しかけられやすい、普段とは違う自分を演出できるなどのメリットもあります。

ほんの少しの勇気で、その後の自分の人生を劇的に変えられる可能性もあるのです。