高卒以下でも婚活パーティーで成功できる?

学歴として大卒以上の人が増えてきている影響で高卒以下では婚活で不利になってしまうと思っている人も多いでしょう。婚活パーティーで理想のパートナーに出会うのは難しいのではないかと考えがちです。高卒の人は婚活パーティーでは成功できないのでしょうか。

この記事では高卒の人に向けて成功できる可能性がどのくらいあるかをわかりやすく解説します。

関連記事:公務員限定の婚活パーティーの魅力とは

高卒が不利と言われる理由

初めになぜ高卒の人は婚活で不利になると言われているのかを確認しておきましょう。何となく学歴コンプレックスを持ってしまっていて、何をするにしても不利になると思い込んでいるだけかもしれないからです。就職のときに大卒以上の人が高卒の人よりも優遇されるケースが多いのは、大卒の人の方がしっかりと勉強して知識も多く、幅広い見識も持っていると考えられるからです。

厳しい勉強をしてきたからこそ企業に入ってからも成長してくれると期待できます。しかし、婚活の場合にはこのような視点で高卒と大卒以上を比較することにあまり意味がありません。一緒に生活して良い暮らしをしていけるかどうかが重要なポイントだからです。

高卒が不利と言われているのは収入面に問題が生じやすいのが主な理由です。同じ企業に就職しても初任給は高卒よりも大卒以上の人の方が高いことが多く、その後の出世でも学歴的に大卒以上の方が優遇を受ける傾向があります。

高校卒業の時点で就職すると大手企業への就職が難しく、地元の小さな企業で働いていることも多いでしょう。聞いたこともない企業で働いていると言われると、雇用が安定しているのか、収入が増えるのかといった点が相手にとっては不安になりがちです。

結果として一緒に暮らしていくという観点ではなかなか選んでもらえないことがあるのは事実です。ただ、高卒だからといって人格や性格から見て大卒以上の人に比べて劣っているわけではありません。学力的にも劣っているとは限らず、たまたま学校の勉強は苦手だった人もいれば、経済的な理由で大学に進学できなかった人もいるでしょう。

レッテルを貼られてしまうと頭が悪いから嫌だと思われる可能性もないわけではありませんが、偏見を持たずにまっすぐに見てくれる人が相手なら、高卒だからといって不利になることはないでしょう。つまり、就職や収入に関すること以外は偏見がなければ特に婚活で問題になることはないと考えられるのです。

お見合いでは不利になりがち

婚活をするときには婚活パーティー以外にも色々な選択肢があります。近年新たに登場してきたのはマッチングアプリや街コンなどで、高卒の人も成功しているケースがしばしばあります。一方、結婚相談所を使ってお見合いをする方法は昔から人気がありますが、高卒の人は結婚相談所を利用するのは避けた方が良いかもしれません。

お見合いでは出会える機会が減ってしまうことが多いからです。結婚相談所では相談員が登録者からヒアリングをして希望を確認しています。そして、その希望に沿って異性の登録者の中から候補を探し、マッチングをしてお見合いをセッティングします。

この際に学歴や収入、勤務先について詳しく話を聞くのが一般的です。その際に高卒以下でも構いませんかといった質問を相談員から投げかけることがあります。そこであまり反応が良くないと、口では高卒以下でも良いと言っていても大卒以上の人を紹介するのが通例です。

高いマッチングの精度にするために、不安要素は極力取り除く方針の結婚相談所が多いからです。このような理由で実はあまり学歴を気にしていない人と出会える機会が減ってしまうかもしれないので、できれば他の婚活方法を選びましょう。

婚活パーティーでは不利になりにくい

婚活パーティーでは高卒の人が不利になるのかどうかが気になり始めたでしょう。

結論から言えば、婚活パーティーは高卒以下の人もあまり不利にならない婚活方法です。婚活パーティーでは自己紹介のときに学歴を話すことはあまりなく、今何をしているかについて言及する程度で済みます。

詳細なプロフィールを渡す仕組みの婚活パーティーもあまりありません。実際に会ってパーティーの場でコミュニケーションを取り、自分に合うパートナー候補なのかどうかを見極めることを重視しているのです。事前の情報共有は趣味や特技などのポジティブな会話の内容になるものが中心なので、高卒だということを知られずに参加できることすら珍しくありません。

高卒の人が婚活パーティーで気を付けるべきこと

これなら婚活パーティーに気軽に参加して出会いの機会を探していけそうだと思った人も多いでしょう。ただ、婚活パーティーを利用する上では高卒の人が気を付けなければならない点があります。大半の婚活パーティーはテーマが設定されているため、詳しくテーマを理解してから申し込むかどうかを決めるのが肝心です。

高学歴同士のマッチングを目指す婚活パーティーに参加しても、申し込みの時点で該当しないと言われてしまうかもしれません。また、年収で区切ってあったり、職業で制限をしていたりするパーティーもあります。概して高年収の職業に就いている人をターゲットにしているので該当しない場合も多いでしょう。

その際には諦めて別の婚活パーティーを探すのが大切です。

婚活パーティーの開催地にも注意しよう

高卒の人だからというわけではありませんが、婚活パーティーに参加するときには開催地にも注意が必要です。地元企業で働いていて、他の地域に動くのは難しいという人も多いでしょう。

その場合には地元エリアが開催地になっている婚活パーティーを選ぶことが必須です。都会で婚活をすると大半の人がその周辺に住んでいるので、結婚するとなったら地元まで来てもらうか、自分が転職する必要が生じるでしょう。

その覚悟をしてくれるパートナーとなると敷居が高くなるため、地元でまずは探すのが賢明です。もし何回か婚活パーティーに参加しても魅力的な人が見つからなかったらエリアを広げていくようにしましょう。

婚活パーティーは高卒の人に不利ではない

婚活のときには高卒の人は就職で不利になりがちな影響で収入への不安を抱かれる場合があるのは確かです。しかし、人格や性格について不利なわけではないので婚活に成功できる可能性は十分にあります。婚活パーティーでは不利な立場に置かれることが少ないので、自分に合っているテーマの婚活パーティーを地元で探して参加してみましょう。