婚活パーティーでどんな服装をしていくべき?清潔感のある服装について

ほぼ毎日全国各地で開催されている婚活パーティー。職場やプライベートで出会いのない男女にとっては必須の婚活ツールになっています。少人数のお見合いから数十人規模のパーティーまで様々な種類がありますが、参加を決めた時からまず悩むのが服装ですね。

第一印象がとても大事な婚活パーティーではどんな服装をしていけば好感をもってもらえるのでしょうか。

関連記事:公務員限定の婚活パーティーの魅力とは

男女共通の婚活パーティーでのNGファッションとは

婚活パーティーは頻繁に開催されていますから仕事帰りでも気軽に参加できます。その為、仕事帰りの服装で参加することも多いのではないでしょうか。ビジネススーツだと、固いオフィスイメージであまりよい印象を与えられません。

特に多人数の婚活パーティーでは印象に残る事が難しくなります。インナーシャツをカラーにしたり、ネクタイを少し個性的な柄にしてみたりカジュアルで明るい印象を与えるような工夫をしてみましょう。女性の場合、まずパンツスーツは避ける方が無難です。

ビジネスを連想させ、女性らしい印象は与えられないからです。どうしてもスーツの参加になる場合はネックレスなど派手すぎないアクセサリーやスカーフを取り入れてみてください。固すぎる服装はよくありませんが、露出度の高い服装、よれよれのTシャツにダボダボのズボン等の品のない服装も悪い印象を与えます。

そして、男女共通で言える事ですが、清潔感のある服装は必須です。袖や襟などが汚れていたり、袖のほつれ、肩にフケが落ちている、生乾きの匂いが残っている服など、だらしなく不潔な印象を与えないようにしましょう。

異性が見ている服装のポイント

婚活パーティーで多人数の場合、流れ作業のように色んな人と話して席を変わっていくことが多いですね。こんなに短い時間でも服装はしっかり見られてチェックされているものです。どんな所をチェックされているか意識してコーディネートしましょう。

女性の場合、案外見られているのがブランド物を身につけているかどうか。高級ブランドで服装を固めるとお金のかかる浪費家だと勘違いされることも。男性は金銭感覚が合わない女性は自分には手に負えないと避けようとしますから、高級すぎるブランド物は婚活パーティーでは避けるのが無難です。

ネイルや香水も派手すぎたりつけすぎは家庭的でないイメージを与えてしまうのでNGです。男性の場合は、髭の剃り残し、爪の長さ、鼻毛がでていないかなど。細かい所ですが女性は結構見ています。座っていても靴や靴下も案外見られているので、服装にあった靴下、靴を選びましょう。

靴は特に汚れたりしやすいものなので注意が必要です。いくらお気に入りでも古びた服を着ているとヨレヨレ感が目に見えて分かってしまうので着古した服も避けた方が無難です。

関連記事:高級な施設での婚活パーティーに参加すべきか

女性におすすめの婚活パーティーに着ていくべき服装とは【春夏】

春夏は季節に合わせて明るいパステルカラーを中心に選んでみてください。暗い色でまとめてしまうと重たい印象を与えるので、スカートが黒系になったとしたらトップスは白などでメリハリのある明るい雰囲気にすれば大丈夫です。

ふんわりとしたシフォン素材や花柄なども季節に合うのでおすすめです。夏は露出度が高すぎないように注意する事が大切です。例えばノースリーブのワンピースなら胸元は開きすぎていないものを選び、露出度を部分的にして品のある服装を心がけてください。

夏らしい爽やかなブルーやオレンジ、白などの色味を中心に透け感のある素材を取り入れてコーディネートしていくと涼し気な印象になります。

女性におすすめの婚活パーティーに着ていくべき服装とは【秋冬】

秋はモノトーン、カーキやブラウン等こっくりと深みのある色で秋らしさをだしましょう。差し色にダークレッドなどを入れると上品で女性らしい印象を与えられます。モノトーンの場合はチェックや花柄などのアイテムを取り入れることで華やかになります。

冬はニットやファーを上手く取り入れる事で重たくならず女性らしい印象を与えられます。厚着しすぎると着膨れするので肌着などで工夫しましょう。ファー素材のネックレスやピアス等も女性らしく柔らかい雰囲気になるのでアクセントとしておすすめです。

男性におすすめの婚活パーティーに着ていくべき服装とは【春夏】

春は少しフォーマルよりで薄手のジャケットに白のインナーやボーダーの薄手ニットなどがかっちりしすぎず、おしゃれ感がでておすすめです。全体を黒で統一するのはおすすめしませんが、細身のシルエットにデニムを選ぶとキレイめの印象になります。

夏はTシャツよりも襟のあるシャツなどがフォーマルによせられます。シャツに濃いめの色を選ぶならボトムスに明るい色のチノパンやカラーパンツなど重すぎないように爽やかな印象の服装を心がけてください。

男性におすすめの婚活パーティーに着ていくべき服装とは【秋冬】

秋冬はマスタードやネイビー、オリーブ色などで季節感をだしましょう。テーラードジャケットに薄い色のインナーでメリハリをつけます。着膨れすると野暮ったい印象になってしまうので薄手のセーターがおすすめです。例えば、ジャケットに黒セーターの下に白いシャツ、ボトムに軽いベージュのチノパンのコーディネートはカチッとしすぎない柔らかい雰囲気になるので鉄板の組み合わせのひとつです。

セーターは黒ではなくライトグレーに変えてもぐっと明るい印象になります。

年代別でみる女性の婚活パーティー時の服装注意点

20代は黒一色だったり、地味な色でまとめると老けた印象を与えがちなので、明るい色を中心に選びましょう。リボンなどの飾りもワンポイトの大きすぎないものなら若々しく可愛いらしい雰囲気になります。30代はレース、フリルが多すぎると年齢にそぐわない違和感を与えます。

特にリボンのような飾りはなるべく避けましょう。40代は布地の素材が安いっぽいと上品に見えないので服の素材は年代に合った上質なものを選びましょう。30代、40代共に、スカートは短すぎないものを選んでストッキングを履きましょう。

年代別でみる男性の婚活パーティー時の服装注意点

20代の男性でも結婚を意識した相手を探しに来ている事を忘れずにカジュアルすぎないカチッとした服装を心がける事が大事です。男性の場合はアクセサリーは最小限に、シンプルなチョーカーくらいがおすすめです。30代40代は共通して言える事として、無理して若すぎる服装をしない事です。

派手な柄物は悪目立ちの元となりますので、柄物でも派手すぎない色味をおさえたものなど、シンプルにスタイリッシュにまとめる事で好印象を与えられます。

清潔感のある服装でカップル成立を目指そう!

婚活パーティではTPOに合わせて相手にいいイメージを与える服装を選ぶ事がカギとなります。ただ、婚活パーティで印象に残る事も大事なので、相手に好印象を与えるような服装に自分らしい個性をプラスしてみてください。

清潔感を心がけるだけでも相手に与える印象はかなり変わります。今回挙げた内容を参考にしてカップル成立を目指してください。